三重県で看護専門学校なら、松阪看護専門学校

在校生・卒業生メッセージ

卒業生からのメッセージ

松阪市民病院 卒業生8回生

私にとって看護は「自分の人間性を磨くもの」

 看護師になって9年目を迎えます。看護師は人間性を問われる職業だと思います。人としての温かさや思いやりがあることはもちろんのこと、気配り・心配りが大切だと実感し反省することも度々です。ただただ、目の前の患者様と真剣に向き合うこと、一人を大切にする心を忘れず、これからも成長していきたいと思います。


済生会松阪総合病院 卒業生10回生

私にとって看護は「癒し」

 私が看護師になり6年が経ちました。現在、循環器内科病棟で勤務しています。わからないことは、先輩や医師から教えてもらいながら日々頑張っています。様々な患者さんとの関わりから、学ぶことや癒されることも多くあります。患者さんが安心した生活が送れるように患者家族に寄り添い専門的知識を高めていきたいと思っています。


松阪中央総合病院 卒業生13回生

私にとって看護は「自己成長」

 私が所属する病棟は、急性期からリハビリ期の脳神経疾患患者様が多く、とても忙しいです。入職4年目を迎え、患者様との関わりの中で笑顔になれることも沢山あり、やりがいを感じ充実した毎日を送っています。今年から実習指導も担当させていただきます。今後は、新たな分野に挑戦し、看護師としてもスキルアップしていきたいです。